キャビテーション 効果なし

キャビテーションで効果を感じられない場合

キャビテーションは部分痩せを実現するための方法として現在非常に注目を浴びるようになっています。 超音波によって脂肪やセルライトを空洞化させて減少させるというのがその大まかな仕組みですが、しかしこうしたダイエット関連のことだと人によって効果の出方に差が出てくるものです。
そしてその中には、やはりキャビテーションで効果が感じられなかったということもあり得るのです。
さて、ではそうしたキャビテーションで効果なしだったというような場合にはどのようなことが原因として考えられるのでしょうか。
まず最も多いケースを見てみると、これは「キャビテーションをするだけで痩せられる」という誤解があるということです。
確かにキャビテーションを行うだけでも脂肪は少なく見えるようになりますが、しかし実際の効果としては、脂肪を空洞化させて体外へ排出しやすくするということです。
そのため極端な話ではありますが、体外へ脂肪を全く排出しないような状態にして施術を行ったと言うのであればダイエットの効果はほとんど無いのが当然です。
一時的に空洞化したとしても放置していれば再び大きな脂肪に戻ってしまうのですから、キャビテーションを行ったあとにはマッサージや運動などで脂肪を燃焼させるようにすることが重要になります。
加えてより効率的に結果を出そうとするのであれば食事に関してもしっかり考える必要がありますから、この点も考えておかなくてはなりません。

家庭用キャビテーションの落とし穴?

また別のケースから考えると、家庭用キャビテーションを使っているために効果が見えづらいということもあります。
というのも、こうした施術は本来しっかりとした知識と技術があって初めて効果が実感できるものなのです。
そうした知識も技術も無い人が機械を使って施術をしても、やはりエステのような仕上がりを実現するのは難しくなってしまいます。
特にキャビテーションについて調べると何度かの施術でスリムな姿になった女性の写真などが見られますが、それはプロのエステティシャンが専門の機材を使用して施術をした結果であるということは常にイメージしなくてはなりません。
もちろん現実として、常にエステで施術を受けるということは難しいというのが大半の人でしょう。
プロの、しかも腕が確かなエステティシャンにお願いをするとなると、お金も時間もかかってしまいます。
ですが家庭用の機械だけでプロのエステに近い仕上がりを期待するのはかなり難しいものですから、毎回では無くとも時々プロに施術をしてもらうようにした方が良いでしょう。